ダイエットをはじめる前に
NYdietExpress

 「ダイエットをはじめよう」 と思う時、
  スポーツジムにも入って、ダイエット商品も買って、・・・
  「明日から〜を食べるのはやめよう」 「運動をする!」 「痩せるぞ〜」
  ダイエットをはじめる前に、先ず体のチェック
  「効果があるという商品なのに、何故痩せないの?」
  より効果的に、より合った商品を選ぶために、原因を先ず確認。
  商品購入前にも参考として目を通してください。




ダイエット前の
チェック事項:



  1. 体重・体脂肪をチェック
  2. 毎日食べているもの
  3. すきな食べ物
  4. ダイエット目標、理想など




現在の状況:







ダイエット前の
体質改善:




   痩せる必要のないダイエッットで「痩せたい」と思う人以外では
   むくみ体質や便秘症状、上記に掲載した内容例など
   体機能が正常に働いていないケースが多くあります。

   ・ 体脂肪やコレステロール値が正常よりも高い場合
   ・ 医師に掛かっている病状・症状がある場合
   ・ 精神不安定、過食、不眠症、鬱    などを除き、

   ダイエットを目指す方の多くに、下記に参照であげたように
   体質改善・生活習慣の見直しが必要な方、
   自分に当てはまるものがある、と思う方が多くあります。



  ダイエット商品選出前に下記の各掲載事項を確認して
  自分に当てはまるものがあると思われる方は、

  「ダイエット」と思われる前に体質改善に注目してください。

ダイエット商品の選び方:

 ■むくみ: 体内に余分な水分がたまる状態です

  たくさんの水分補給が必要となるダイエット商品の使用では
  むくみがひどくなってしまったり、効果が出ない場合があります。
  食事の見直し、運動やマッサージ似合わせて、 ビタミン剤での
  栄養補給や
むくみ専用の商品で改善を行う事をおすすめします。

  またむくみの原因として肝臓や腎臓の機能低下が見られる方は
  
内臓の浄化作用のあるハーブ商品を使用したり、
  病的なむくみ症状であれば医師への検診を行ってください。

 原因  改善策
 塩分の過剰摂取、野菜不足、偏食 食べ物
 血行不良、循環機能のわるさ、筋肉疲労 運動・マッサージ
 水分補給の不足、アルコール過剰摂取 水分補給

  血液が運んできた栄養素や酸素を体の各機関に運ぶ血しょう成分
  (= むくみの原因となる水分)が、血液に戻らず過剰にたまった場合
  むくみを生じます。 立ち仕事や座りっぱなしの仕事を行ったとき
  血行・循環機能の悪さなど、体に疲れがたまると汚れた血液
  (=血しょう成分)を心臓に戻す力が弱くなるのが
  原因と言われています



 便秘: 便が腸内に溜まり、水分が吸収されて
        排便が行いにくくなる状態、排便が頻度に見られない事です

  善玉菌が失われ悪玉菌の増加で腸内環境がわるくなるため、
  正しい栄養吸収が行われず、悪循環になる場合が多く見られます。
  整腸を助けるアシドフィルス菌の取り入れや、腸内浄化
  食生活、生活リズムの見直しに合わせて、腸活動を刺激する
  適度な運動やマッサージを心がけてください。

  ストレスからの原因も見られるのでストレス対策を行う事。
  下剤の常用は、腸自身の活動を衰えさせるので、センナや下剤成分の
  使用は避け、繊維質や自然成分の取り入れをされてください。

 原因  改善策
 腸内環境、悪玉菌、病気・抗生物質の使用 食べ物・整腸
 腸活動の衰え、下剤の常用 運動・刺激・マッサージ
 ストレス、不規則な生活 環境改善

  食べ物のカス(便)が長く腸内にとどまっているために、
  水分が吸収されて固くなり、排便しにくくなる状態
  一般的には3日以上便通がない場合を言いますが、
  自律神経失調症や体温調節がうまく行われていない時は、
  毎日便通があっても便秘を疑った方がいいケースもあります
  便秘かどうかの判断は、便を出すのが辛かったり、
  お腹が苦しかったり、便が固い場合などです

  また下剤の常用などで、腸自身が活動してくれない
  事もあるので、食事やお腹部分への運動・刺激が必要になります



  冷え性: 体が冷えやすく温まりにくい状態 血行循環がわるかったり、
          自律神経失調症や体温調節がうまく行われない状態です

  冷え性の場合、代謝がわるく熱量消費(消費カロリー)が
  低い場合が多いので、体を温める 栄養素(ビタミンC・E)の
  補給や
にんにくなどの食材やサプリ、また代謝アップ体質改善
  ページも参考としてください。

 原因  改善策
 代謝不良、動脈硬化、貧血 食べ物<
 血行不良、循環機能のわるさ、 温める・マッサージ
 自律神経の失調、ストレス 環境改善

  環境の温度調整、ヒールなど足に合わない靴からの影響
  ストレスや自律神経失調症などの原因があげられます。
  冷える場合は衣服で温めたり、お風呂にゆっくりと入る事もおすすめ

  
体を温める(代謝を良くする)食品・栄養素
  ビタミンE … 穀類や緑黄色野菜、豆類
  ビタミンC … みかん、いちご、ブロッコリー、ピーマン、芋類
  その他  … 唐辛子、にんにく、生姜、こしょう、ねぎなど



  ■肌荒れ: 乾燥、吹き出物、しみ、そばかす、潤いの欠乏状態など

  食事や環境、生理不順などさまざまな原因があげられますが、
  ダイエットでも基本となる、栄養補充(食事内容)の見直しや
  十分なアミノ酸摂取を必要とする場合が多くあります。
  外用・内用への肌のケアストレス対策なども行ってください

 原因  改善策
 偏った食生活、野菜不足、アミノ酸欠乏症 食べ物・水分補給
 生理不順、むくみ 体質改善
 睡眠不足、喫煙、ストレス 環境改善

 アミノ酸代謝に必要なビタミンB6・Cの補充

 肌荒れ改善を行う食品・栄養素
 ビタミンB6 … レバー、鶏の胸肉、鮭・サバ・マグロなどの魚類、
         玄米など精製していない穀類、豆類、緑黄色野菜
         バナナ、キウイ、パイナップル、みかん、いちご
 ビタミンC  … みかん、いちご、ブロッコリー、ピーマン、芋類
 その他    … コラーゲン、良質なたんぱく質など




  ■
生理不順: 25日〜38日以外での生理周期や月経量不順など

  肌荒れと並び、食事や環境、ストレスなど原因があげられますが、
  ダイエットでも基本となる、栄養補充(食事内容)の見直し、
  ホルモン分泌をととのえる商品や食材を補う事をおすすめします。
  更年期障害月経前症候群 には専用の体質改善も効果的です。

 原因  改善策
 偏った食生活、栄養障害、 食べ物
 ホルモン分泌異常、極端な冷え性 体質改善
 自律神経の失調、ストレス、生活習慣 環境改善
 疲労、痩せ過ぎ、肥満 その他

  長期にわたる生理不順はホルモン異常やその他の病気の
  可能性もありますので、医師・婦人科への検診を行ってください。

  生理不順によい食品・栄養素:
  ビタミンE  … 血行を促進する
  ビタミンB群 … 新陳代謝を高める
  カルシウム  … 気分を安定させる
  鉄分 … 月経時に必要不可欠の
  大豆・大豆イソフラボン … 良質のタンパク質



  ■高血圧・コレステロール: 血圧が正常値より高い状態、併病への影響

  肥満の原因をともなう症状ですが、強力な効用のある商品など
  使用出来ない場合があるため、食事内容の見直しや生活改善、
  運動に合わせて、ビタミン剤での栄養補給や、高血圧に効果のある
  ミネラル成分のクロムや乳酸菌など食品サプリメント
  使用をおすすめします。 

 原因 改善策
 偏った食生活、アルコール・塩分の過剰摂取、 食べ物
 運動不足 運動
 性格、ストレス、生活習慣 環境改善
 遺伝、肥満 その他

  高血圧とは高い圧力を長い期間、血管にかけ続ける事です。
  血管が薄くなり→血壁が厚くなる→コレステロールや中性脂肪が
  血管中に溜まるなど、血液を体全体に送ることが難しくなり、
  動脈硬化、脳卒中、心疾患など、脳、心臓、腎臓への影響、
  肥満、糖尿病などさまざまな原因となりま



  ■
精神不安定、過食、鬱、不眠症:

  こころの病気は過食や拒食を伴なる場合など、肥満の原因になる事も
  ありますが、強い効力のある商品などの使用は出来ない場合があります。
  また不眠症の方もカフェインに類似する強力効用のある商品の使用は
  出来ませんので、食事内容の見直しや、適度な運動と合わせ、
  ビタミン剤での栄養補給や食品サプリメントの使用をおすすめします。

 原因  改善策
 うつ病、精神分裂病などの精神病 精神科
 ノイローゼ、自律神経失調症などの神経症 神経科
 胃潰瘍、気管支喘息、高血圧、心身症など 心療内科
 脳卒中後遺症、パーキンソン病、純粋な神経の病気 精神内科

こころの病気に関しては専門医やカウンセリングなどにご相談ください


その他の参考ページ




ダイエットよくある質問集 / ダイエット情報 / ビタミン・ミネラルチャート


ダイエット成功のポイント
太る理由・痩せる秘密
ダイエット商品の選び方
ダイエットを始める前に
サプリメント用語集
ダイエット小知識
きれいの秘訣・大切なこと


トップページへ